2010年09月23日

ケインズvsハイエクで学ぶ経済問題

円高 米英欧米の景気後退など 関係ないと思ってても 世界の
経済問題は日本人の財布にも響きます。

もうちょっと経済について勉強したいなと思いつつ用語とかいっぱい
あって とっつきにくいというか 難しいんですね。
しかしこの恐慌の中にあって経済問題に明るくなることが
成功への入り口
裏を返せばビッグチャンスがごろごろしてるということ。



とにかくこの動画面白い。
ケインズVSハイエク



まこの動画を見たあと どちらが正しい?と聞かれると どちらも正しいような
まちがってるような モヤモヤとした気分になります。
要約してみるとケインズ派はお金を借りてる人 ハイエク派は資産家お金持ち
金を借りてる人は出来たら踏み倒したい。 お金持ちはそーはさせんとしている。


この状態は動脈硬化の症状に似ている。資産がお金持ちのところにたまり
その他の血管では血液不足におちいってて世界経済自体が死に掛けた状態
になっている 普通はお金持ちの方が強いと思ってしまいますが。
資産以上にお金を借りるりまくる人が倍増してしまったため
国別に富が偏ってしまった。


昔であればこの状態は資源の奪い合い戦争に突入していったのと
今まさに同じ状態なので困ったもんだと思います。


でケインズ派とハイエク派いろいろ考えてみるとやはり中間が妥当な線かも
中間に当たる人にシルビオ・ゲゼルという人がいます。
経済不況が起こる根本的原因は物は時間がたつと腐ったり減少していくものなのに
それを買うお金はいつまでたっても減らない。しかも利子がついてどんどん増える
今お金世界中に増えてお金の価値は下がり 資源は高騰した状態である。

この状態を改善するには価値の目減りをするお金をつくればいい
このような地域通貨があちこちで作られ結構いい感じで景気は回復
したようなのですが。
やはり税金もとれないし国や資産家にとっては嫌なのであっさり
つぶされましたが。
最近はポイントサービスなどで使われててますね。
定額給付金などもこれでしょうか。



しかしお金を使いすぎてケインズよりになりすぎもいけないし
貯金と支出のバランスしっかりしようと思いました。
これからも経済につて何とかわかりやすく勉強していきたい
と思いますので よろしくお付き合いください。


posted by ななつ at 08:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。